読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検査結果と手術内容について

腹痛の件で手術することになり、どんな手術が

適しているかの手術前検査を受けておりました。

その続き。

 

8/27 CT検査

全身CTは初めてだった。

CTとMRIは似ているけど得意不得意があるらしい。

今回手術の対象(卵巣)はMRIで診ることが多くて、

(悪性だった場合に)転移していないかとか

ほかに(手術に影響を与えるような)病気がないかとか調べるには

全身CTが良い…という感じかな。

細かいことはお医者さんに聞いてください。

 

造影剤を注射して、影がうまく写るようにするとのことで、

全身が熱くなりました。これがまた気持ち悪い。

血の巡りが感じられるというか、不思議な感覚。

もうあまりやりたくない。

 

9/11 検査結果と手術内容の説明

約2ヶ月の経過観察と手術前検査をしてきた結果、

どうも悪性の可能性は低そうだとのこと。

※前にも書いたかもしれないけど、この手の病気は

腫瘍を取り出さないと断言できません。

 

年齢や私の意志を考慮してくれて、

卵巣摘出ではなく、腫瘍部分のみの摘出になるそうだ。

腹腔鏡手術も候補の1つだっだけど、自分の場合は

開腹手術になりました。

 

開腹手術のほうが手術しやすいので時間が比較的短く済む反面、

傷口が大きくなるので回復、社会復帰まで時間がかかってしまうとのこと。

仕方あるまい。

 

というわけで想定より長く会社を休むことになりそうで

周囲に大変迷惑をかけてしまうことに落ち込んでおります。

 

入院のご案内なる冊子を読んでいるが、

電子機器の持ち込みはご相談くださいと。

 

退院後に、入院日記を更新かな。。