読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生後14ヶ月とジェスチャー

妊娠生活・育児

あっという間に1月も最終日!

先週あたりから更新しようと思っていたんだけど、心配事があってなかなか行動に移せず。心労で胃が痛くなるし、眠れなくなるし、無駄に疲れました。

 

さて、今月のよつばは…

ついに…

歩きました!

 

これまで1,2歩は歩く(というか棚や私の腕につかまりに行く)ことはあったもののカウントせず。今回は2mくらいだけど自力で歩けるようになったので、これは認めざるを得ない!

 

タイトルのジェスチャーの話ですが、

今まで「おいしい」の感情表現が「頭を横にぶんぶん振る」だったよつば。興奮したらそうなったんだろうけど、それほかの人が見たら拒絶しているように見えるから!

ということで「おいしいときは手をほっぺに当てる」ことを覚えてもらうことに。食事中によつママがやってみせているのだけど、なかなかうまくいかない。なぜか手が頭に行く。

つまりこうなった。

 

before : 顔を横にぶんぶん振る

after : 頭抱える

 

相変わらずのネガティブジェスチャー(笑)

 

もう一つ。

最近よつばのブームは「トントントントンひげ爺さん~♪」の歌。(あれ、正式なタイトル何かな)

どうも手遊びが好きみたいで、「トントン」と言うと手を出してやってくれる。ところが○○爺さんのときに、初めよつママが自分でやってみせたからか、私のほっぺをめがけて両手を出してくるように。爪が伸びてしまっている状態のときにやられると、ちょっとした凶器というかひっかかれて痛い。結構痛い。

よつばの手を取って教えてあげているんだけど、ジェスチャーとかスプーンの使い方とか、向かい合わせで教えるのって難しいなって近頃思うのです。

 

心配事は…保育園の結果の話でした。無事。認可ではないんだけど、ちゃんと役所が確認してくれているし、直接見学も行ってイイって思えるところだったので。良かった、ホントに。

3歳児からはまた別のところに転園しないといけないんだけどねぇ。。