読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

出産の話

マメな性格じゃないもので、また間があいてしまった。

無事に出産を終え、里帰りし(実家が遠くないので、産んでから帰ったパターン)、年末自宅に戻ってきて落ち着いてきたところ。

 

今回は出産のメモ。

予定日の2週間くらい前からそれっぽい兆候があったりなかったりで、検索魔となる。初産は遅く産まれる傾向があるよと周囲から言われたけど、知り合いは早い人が多かったので自分も早まる覚悟で過ごしていた。

 

実際、予定日の1週間以上前に無事出産。こんな流れ。

 

出産2日前:おしるし的なもの

                    前の週にも似たような傾向があったが、念のため家の片付けや入院の準備を確認する。なんとなくお腹が痛いような、そわそわし始める。

 

出産1日前:規則的な腹痛?

                    お昼テレビを見てのんびりしていたら、なんか違和感が。まだまだ我慢できる痛みだったけど、陣痛の間隔を測るアプリを使ってみる。10〜20分おきくらいに少し痛い気がする。

                    でもこの日は外食の用事があって、お店予約しているし、もうちょっと待ってほしいと思ってた。

 

出産当日朝:これが本陣痛?

                     前日の外食は無事楽しめて、夜は違和感ありつつも就寝。深夜3時ごろ、腹痛で起きる。痛みの間隔も10分切ったり長かったりと不安定ながらも病院に連絡すると、診察の記録や声のトーンからもう少し我慢してと言われる。

                     もう一度寝ようと試みるが、熟睡できるはずもなく。夫もそろそろ起きる時間だしと思って、6時に再び病院に連絡。痛みが強くなってきたので、ついに病院に行っていいと言われる!

 

出産当日@病院:約半日がかり

                      夫は会社を休むことにしてくれて、車で病院へ。陣痛室へ直行。診察してもらったら、すでに8cm開いているとのこと。「よく我慢したねー。」って言われたけど、だってそう指示されたからね!

                      もしかして早く産まれるのかなって思ったけど、そこからお産が進まない。破水しないし、なかなか降りてこないベビ様。もともと体力がない私は、それなりの痛さが長く続くだけという生殺し状態にだんだん声も出せなくなる。

                      先生がそんな私を見て、陣痛促進剤を使うことを勧めてきた。私も自分の体力を考えて迷うことなく同意する。打ったらすぐにというわけでなかったけど、夕方無事に出産。

 

もう2ヶ月以上前のことだけど、忘れられない体験でした。正直あんな痛いのはしばらくいいや。あのときは少し細めだったベビ様も今やムチムチ。すくすくと育ってくれています。

 

ようやく書けた。。